糖尿病(メタボリックシンドローム)の治療理由

糖尿病(メタボリックシンドローム)の治療理由

糖尿病(メタボリックシンドローム)になっても、血液中に含まれる糖類量値がかなり高くならない限り、強い感じを感じることはありません。しかし、血液中に含まれる糖類量が高い状態を置きっぱなしておくと、やがて全身のさまざまな臓器に合併症が起こってきます。

糖尿病(メタボリックシンドローム)に特有な合併症としては、3大合併症と呼ばれる「網膜症」「腎症」「神経障害」があります。これらの合併症は重症化すると失明や透析が必要な腎不全、足を切断しなくてはならないこともある壊疽(えそ)などにつながります。また糖尿病(メタボリックシンドローム)は動脈硬化を進める原因のひとつであり、心筋梗塞、脳卒中などになりやすく、これらの病気はときに命をもおびやかします。

歯周病も糖尿病(メタボリックシンドローム)の合併症のひとつです。糖尿病(メタボリックシンドローム)の人では糖尿病(メタボリックシンドローム)でない人と比べ、歯周病にかかる頻度が高く、進行も促進されます。歯周病を未治療のままにして重症化すると、血液中に含まれる糖類量コントロールに悪い影響が出ます。また、糖尿病(メタボリックシンドローム)は認知症や悪性腫瘍(がん)のリスクを上昇させると考えられています。

さらに、血液中に含まれる糖類量値が非常に高いと、糖尿病(メタボリックシンドローム)性昏睡(こんすい)となり、命に影響が及ぶことがあります。

一方、糖尿病(メタボリックシンドローム)をきちんと治療すると、こうした合併症を予防できることが、これまでの多くの研究で分かっています。これらの研究結果に基づき現在の糖尿病(メタボリックシンドローム)の治療指針(ガイドライン)が作られ、糖尿病(メタボリックシンドローム)の治療が行われています。

糖尿病(メタボリックシンドローム)と診断された時には、たとえ何も症状を感じなくても、これらのさまざまな合併症を防ぐために、治療に取り組むことがとても大切なのです。

糖尿病性神経障害の病状

糖尿病性神経障害の病状

糖尿病性神経障害の病状は色々です。两手と两足の痛みを告げる病人やけが人もいますが,自覚病状は全くないという病人やけが人もいます。

手足の痛みやしびれ,冷え,ほてりといった病状(感覚神経障害といいます)は,神経障害の起こり始めに多くみられます。また,年月が経つと便秘と下痢のくり返し,勃起障害,立ちくらみといった病状(自律神経障害といいます)が出るようになります。さらに,神経の数が減っていくのに並行して感覚が鈍くなり,ちょっとした傷に気づかず手当てが遅れて潰瘍になってしまったり,軽いケガややけどから,より大きな傷を負ってしまうリスクが大きくなります。自律神経障害も,放っておくと低血糖状態に気づかず突然意識を失ったり,心筋梗塞を起こしているのに痛みがないなど,非常に危険です。

糖尿病性神経障害は,起こり始めの時期に気づくことがもっとも大切です。1/3以上の病人やけが人は,糖尿病と診断されてから1年以内に,痛みなどの病状を感じるとする調査結果もあります。何か病状や気になることがあるときは,「血糖コントロールが悪いことを怒られるのでは」などと心配せずに,主治医の先生に相談してみましょう。糖尿病性神経障害が起こっているかどうかは,「アキレス腱反射」などのごく簡単な検査でもわかりますので,進んで受けましょう。