糖尿病は?

糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。

慢性的に血糖値が高いと、糖尿病の合併症によって生活の質が低下し、さらには寿命に影響をします。ですから、血糖値を良い値に保つ事が治療の基本です。これを、「血糖値をコントロールする」といいます。

糖尿病で注意しなければならないのは、糖尿病が進行すると動脈硬化が促進し、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険が高くなるからです。

特に、細い血管(毛細血管)は、もともと血管自体がもろく、血糖値が高い状態の影響が早いうちから出てしまいます。毛細血管が集中する網膜、腎臓、手足に現れる障害の「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」は糖尿病の三大合併症(細小血管障害)と言われ糖尿病で起こる確率が高い合併症です。

糖尿病は発症要因から大きく1型、2型に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。

糖尿病はその原因によって、小児や若年成人に比較的多い1型糖尿病と、成人から中高年に多い2型糖尿病の2種類に分けられています。小児慢性特定疾患治療研究事業によれば、日本の小児で糖尿病の治療を受けている人は、約6,500人といわれています。

小児に多い1型糖尿病では、体内のインスリンの分泌が完全に不足・欠乏していて、インスリンを注射で補充しなければなりません。一方、従来成人以降に多いとされている2型糖尿病では、運動不足や過食によって体内のインスリン分泌が悪くなったり、働きが鈍くなったりして発症の誘因になります。最近では小児の肥満が急増し、2型糖尿病に罹る小児も増えてきているのが実情です。

近年では、糖尿病を適切に管理し、症状の改善を図るために、介護施設で積極的な運動療法や食事療法などを行っているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です