糖尿病の原因と検査の詳細情報

本文は糖尿病の原因と糖尿病の検査についてご紹介します。

糖尿病の原因は分類によって違います。

1型糖尿病は、膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。

2型糖尿病は、インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、日本の糖尿病者の95%がこのタイプに当てはまります。

2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であるといわれています。肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎ、味覚障害なども原因といわれています。

糖尿病の検査は主に三つあります。

1.血糖値

通常、糖尿病の検査のためには空腹時や食後に血糖値を測定します。なお、空腹時血糖は10時間以上絶食したあとの血糖で、食後血糖値は食事開始後の血糖であり、何時間後かを覚えておく必要があります。

2.グリコヘモグロビン(HbA1C

赤血球中のヘモグロビン(Hb)にブドウ糖が非酵素的に結合したもので、赤血球の寿命が120日であることから、HbA1Cは少なくとも過去1~2カ月の平均血糖値を反映します。HbA1C値は糖尿病の経過を評価するのによい指標になります。

 3.尿検査

尿糖、尿蛋白、尿潜血、またが疑われる場合には、尿中アルブミン排泄量を年に数回測定することがすすめられます。

 

こちらは糖尿病ウェブ病院であります。当ページは糖尿病、また糖尿病も合併症について具体的に紹介ページであります。原因、症状など様々な情報を載っています。是非ご覧下さい!