糖尿病と糖尿病の症状と糖尿病の分類について

糖尿病とは、高血糖を特徴とする代謝性疾患です。高血糖はインスリン分泌欠陥またはその生物作用による破損、または両者が併せ持つによって引き起こします。糖尿病のとき、長期に存在する高い血糖は、組織、特に目、腎臓、心臓、血管、神経の慢性的な損害、機能不全を招きます。

糖尿病の症状は、常に、血糖値がかなり高くなってくると、口渇・多飲・多尿という典型的な糖尿病の症状が生じています。血糖値がさらに高くなると、重篤な糖尿病性昏睡を来たし、意識障害、腹痛などをきたすこともあります。

一方、発症初期の血糖高値のことから特異的な神経障害がおこることもあります。また発症初期に急激に血糖値が上昇した場合、体重が減少することが多いです。これらは始めのとき、糖尿病の症状です。他の症状は、たいてい糖尿病慢性期合併症にもとづくものです。

糖尿病の分類は二つあります。
一つ目は1型糖尿病です。常に30歳以下ですが、大人でも高齢者でも発症できます。この種類の患者は発症が遅れて、病状が比較的に重くて、重症患者が性ケトアシドーシス、昏睡状態になってしまいます。インスリンで治療後、膵島β細胞の機能が細い程度の改善ができます。

二つ目は2型糖尿病です。大部分は大人や高齢者の発症です。患者の病気が遅いので、病状が軽くて、体型が多いに肥満で、血オールインスリンが低いレベル、正常または高いレベルにあります。2型糖尿病発症率はとても高くて、約90%ぐらいの糖尿病の患者はこの分類に所属します。

この二つの分類はそれぞれの糖尿病の症状を持っています。どのように治療するか、糖尿病の症状と糖尿病の分類によって、検査でご治療ください。

こちらは糖尿病ウェブ病院であります。当ページは糖尿病、また糖尿病も合併症について具体的に紹介ページであります。原因、症状など様々な情報を載っています。是非ご覧下さい!