糖尿病(diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名であります。
糖尿病は高血圧、高脂血症と一緒「現在社会の生活習慣病」と言われています。

しかし、この三つの中で、高血圧、高脂血症と比べて糖尿病は「怖い病気」と言われています。原因は糖尿病の発病の初期は自覚症状がないので、病気と気づかずそのまま放置して、重大な合併症を招き、また、日常生活行動、生活の質の低下も招きます。

世界における有病率は9%であり34,700万人、世界のDALYの19位を占め(1.3%)、2012年は150万人が糖尿病により死亡した。糖尿病による死者の8割は中低所得国であり、さらにWHOは2030年には世界第7位の死因となると推定している。勃起不全改善

糖尿病のタイプと原因
糖尿病のタイプは1型糖尿病、2型糖尿病、その他の疾患に伴う糖尿病および妊娠糖尿病に分類されます。
(1)1型糖尿病
自分異常により、インシュリンを合成する膵β細胞が破壊され、インシュリンが絶対的に欠乏し、高血糖になります。遺伝様式は不明ですが、白血球の組織適合抗原のタイプにより発症の危険率が高まります。8~12歳の思春期に発症が多くなりますが、幼児や、最近では成人にも発症がみられます。日本の有病率は1万人に約1人です。
(2)2型糖尿病
インシュリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。おもに中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。日本の糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病とされています
日本人は遺伝的にインシュリン分泌が弱い人が多いといわれています。遺伝的な体質に過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり、発症するとされています。このため、2型糖尿病は「生活習慣病」ともいわれるのです。
また、肥満がなくても、内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると発症しやすくなります。
(3)その他の疾患に伴う糖尿病
遺伝子異常が突き止められた糖尿病や、糖尿病がほかの疾患や条件に伴って発症することもあります。内分泌疾患では、糖質ステロイドが過剰になるクッシング病やクッシンング症候群、成長ホルモンが過剰になる、副腎髄質瘍からカテコラミンが過剰に分泌されるなどが代表的です。膵疾患では、アルコールの過剰摂取などで膵臓が破壊され、インシュリンの分泌が枯渇し、結果的には1型糖尿病と同じく、インシュリン治療が必要になります。
(4)妊娠糖尿病
妊娠中に初めて発見または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常のことをいいます。妊娠中はわずかな高血糖でも胎児に影響を与えるため、糖尿病ではなくても「妊娠糖尿病」と呼びます。
妊娠中に胎盤が作るホルモンが、インシュリンの働きを抑える作用もあるため、十分なインシュリンが作られない場合に血糖が上昇します。肥満、高齢妊娠、家族に2型糖尿病患者がいる、過去の妊娠で高血糖を指摘された場合に起こりやすいとされています。
糖尿病の症状
1型糖尿病は急激に発症し、ケトアシドーシスになりやすいタイプです。しかし、ゆっくりと進行する1型糖尿病もあります。一方、2型糖尿病はゆっくり と発症し、いつから糖尿病になったのかわからないこともあります。ED治療薬レビトラ
高血糖による症状としては、口渇、多飲、多尿、多食、体重減少、体力低下、易疲労感、易感染などがあります。尿に糖が多量に排泄され、その甘い匂いで発見されることもあります。ケトアシドーシスでは、著しい口渇、多尿、体重減少、倦怠感、意識障害などのほかに、消化器症状が特徴的です。とくに、呼吸は深くゆっくりしたクスマール呼吸となり、甘酸っぱいアセトン臭があり、最終的には昏睡を来します。
糖尿病の合併症
糖尿病の合併症に関して分類は二つがあります。これは急性合併と慢性合併であります。
急性合併
1.糖尿病性昏睡
こっちの方は二つタイプがあります。
第一 糖尿病性ケトアシドーシス性昏睡
1型糖尿病が発症した時やインスリン治療を中断した時にインスリンが不足することによって、血液が酸性(ケトアシドーシス)になり、のどが渇き水分を多量 に飲み、尿の量が多くなります。脱水症状がみられ、さらに進行すると、血圧が下がるとともに意識障害がでて、最終的には昏睡にいたります。
1型糖尿病の患者に起こりやすいです。ペニス増大ロコミ
第二 高浸透圧性非ケトン性昏睡
2型糖尿病患者が感染症や脳血管障害、あるいは外科手術などをきっかけに、血糖の上昇と水分の補給不足を起こし脱水状態となります。さらに進行すると、意識障害も起こります。
高齢の2型糖尿病の患者に起こりやすいです。
2.低血糖
血糖値が低くなりすぎた状態で、糖尿病の治療薬の副作用として起こります。発汗、いらいら感などがみられ、さらにひどくなると腹痛や吐き気、けいれんや意識を失うこともあります。
慢性合併症
1.糖尿病性神経障害
身体のすみずみまで伸びている末梢神経が障害されるため、手足のしびれや痛み、感覚が鈍くなる、下痢や便秘、顔面神経麻痺など全身に様々な症状がでてきます。
2.糖尿病性網膜症
網膜の細い血管に障害が起こり、視力が低下していきます。最悪の場合は失明することもあります。
3.糖尿病性腎症
腎臓の機能が障害されるため、尿中に蛋白が混じってきます。さらに腎機能が悪化して腎不全になると、人工透析が必要になります。
4.動脈硬化
5.血糖が高い状態にしておくと、血管が硬くなるとともに、詰まりやすい状態(動脈硬化)になるため、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなります。糖尿病における最大の死亡原因は、この脳卒中や心筋梗塞です。シアリス通販

糖尿病性神経障害
糖尿病性神経障害とは高血糖の状態が長く続くことによっておこる糖尿病の3大合併症の一つです。
糖尿病性神経障害の症状
血糖の高い状態が続いていると、最初手や足先の神経から障害が起こります。症状は手足のしびれや痛み、足先の異常な冷え、足底部が皮をかぶった感 じ、砂利の上を歩いているような感じがあります。これらの症状はそのまま、放置して、この段階になって、 適切な治療を受けないと症状はどんどん悪化して、全身の筋肉が萎縮し、顔面神経麻痺、便秘や排尿障害、立ちくらみ、インポテンツといった症状が起こりま す。

糖尿病網膜症
糖尿病網膜症( Diabetic Retinopathy)とは、糖尿病の3大合併症の一つ(ICD-10:E10.3、E11.3等)。糖代謝異常に伴う眼の網膜などに各種変化をきたし、視力低下を認め、日本の中途失明の第2位を占める。なお糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害によって生じるものを、糖尿病の「三大合併症」といわれています。
糖尿病網膜症の症状
初期の頃は無症状で経過することが多い。徐々に眼底出血や黄斑浮腫が生じ視力低下、変視症を認めるようになる。硝子体出血や広範囲な眼底出血を伴うと飛蚊症や急激な視力低下を示す。新生血管緑内障に陥ると眼痛、不可逆的失明、眼球癆(眼球萎縮)を示すことがある。

オススメサイト情報

レビトラは勃起不全のED治療薬として世界中で人気があります,レビトラなどの医薬品. ネットなどの個人輸入で の通販で購入すれば、シアリス20㎎が1錠ならば1500円程度で購入可能。